「鼻うがいをしたのは間違いありません」【時事ネタ】

そう、朝、車に乗ろうとしてフロントウインドウに黄色い粉の幕ができてるの見つけるとぞっとするんですけどね。

「鼻うがいをしたのは間違いありません」【時事ネタ】
※以前書いたドラレコ記事の画像にもたっぷりの花粉が映ってたりとか

スポンサーリンク

 

ええ、俺は基本的に(?)花粉症。なのでこの時期はなかなかに辛いんです。

でも以前に比べればずいぶんマシになりました。学生の頃は目も鼻も喉もそりゃぁもう大変な状態で「普通の生活」がおくれなかったですからね。

※街角で配ってたポケットティッシュがありがたくてねぇ……(と遠い目をする)

不思議なのは、オートバイに乗っている時は何故か症状が軽いこと。

日光杉並木とかを走り回ってもさほどじゃない。まぁヘルメットのおかげもあるんでしょうが、脱いで歩き回ってても普段より全然楽。

これ、ちゃんと研究するとノーベル賞ものの気がするんですがどうでしょう?

 

ともあれそんな花粉症。多少なりとも辛いのには間違いがなく。

今では薬も注射もあるんですが、「正直そこまでじゃないしなー」

なので今年は「鼻うがい」を始めてみました。

元ネタは古くから見ているWEBサイト「デイリーポータルZ」のこれ。
「はじめての鼻うがい」

鼻うがいには以前から興味がありましたしね。

 

早速買ってきたのが「ハナノアシャワー」

 

下を向いて使う鼻to鼻タイプで初心者向け。

ちなみに上級者になると上向いて喉まで洗えるようになるそうです。

器具に液を50cc入れて片鼻へと突っ込んで、心落ち着けてぐっと握って。
「おお、入ってくる入ってくる」(と心の中で)

 

問題なく一発で反対側の鼻からとぽとぽと流れ出てきました。

一旦器具を抜いて、反対の鼻からもう一度。同じくとぽとぽと。

……うん、すっきりしたかも。

鼻の奥に液が流れていく感覚は、泳いでて水を飲んでしまった時に鼻の奥がツーンとする、その一歩手前な感じ。

一歩手前だけに痛いとか沁みるとかはまったくなし。
但し鼻から液だらだら状態になるので人前での作業(?)はお勧めできません。

 

試したのは夜なんですが、その晩はゆっくり寝られました。

その後数日間、同じく夜寝る前に1度だけ洗うようにして。
日中はどうにでもなりますが、夜鼻が詰まると安眠できませんからね。

※洗うのは1日3回程度まで。洗いすぎると粘膜を痛めるとか。

 

というわけで、確かに鼻づまり・鼻水は楽になったよう。花粉症が酷い人にはお勧めできます。

問題は維持費用かな。

初期セット(?)だと液が300cc、ってことは6回分、これで1000円。

2回目以降用の洗浄液のみ500ccも売っていますが、安価というわけでもなく。。

花粉シーズン中ずっと使い続けるにはちと厳しいかもですね。

 

巷には鼻うがい液の作り方(というか塩水の濃度)も出回っているし、自分で作ってみようかな。

そしていずれ上級者用の鼻to口洗浄もマスターしたいところです。

#あとは目の痒みだよな、花粉症的には……

 

コメント