三匹のおっさん、古峰ヶ原へ

※同名の小説・TVドラマとは無関係です。

でまぁ、中止になった(した)今年の餃子オフ。

「宿とってあるのにどうしてくれるんじゃぁ!」と脅されたので、日中、おっさん3人でドライブにでかけましたとさ。

 

スポンサーリンク

 

午前中、オンボロセダンに乗り込んでしゅっぱーつ。

何処へ行くか悩んだんですが「蕎麦を食いたい」という要望があったので鹿沼方面へ。
いやまぁ栃木県はどこでも旨い蕎麦食べられますけどね。

「これならオフ開催できたんじゃ?」というさほど悪くない天候の下、おっさん3人(しつこい)でダベりながら車で西へ北へ。

宇都宮から約1時間、途中の長坂を登る自転車組を「若いって素晴らしい」と眺めながら、古峰ヶ原にある古峰神社に到着っと。

※場所は「こぶがはら」で神社は「ふるみね」……のはず……

 

そこそこ有名で観光客も多い古峰神社。実はねぇ、俺、入った事ないんですわ。(多分)

散々前を通っているものの寄る機会が無く。それに拝観料が必要なんじゃなぁ?な思いもあり。
こういう時でもないとなかなか足が向かないんですよね。

今日は夏休みに入った土曜日だというのに不思議と空いていて、駐車場もベストな位置に停められました。

三匹のおっさん、古峰ヶ原へ
※お初です(多分)

 

ちなみに神社の拝観料はなし。どうやら俺の勘違いのようでした。

お参りして、この神社名物の(?)天狗の面をほうほうと観察。なるほどなるほど。

三匹のおっさん、古峰ヶ原へ
※古峰神社といえばとにかく天狗。ほかにも天狗グッズ多数。

 

これまた名物の庭は入場料が300円。ああ、料金がかかるのはこちらでしたか。

庭の花は春物が終わって夏物にはちょい早い感じ。空いていたのはそのせいかも。

それでもトンボの飛び交う庭を散策して癒されました。

三匹のおっさん、古峰ヶ原へ
※晴天でない分だけおちついた雰囲気が

三匹のおっさん、古峰ヶ原へ
※どこでも鯉(もっとエグい画像もありますが自粛)

三匹のおっさん、古峰ヶ原へ
※シャッタースピードとか被写体深度とかそんな奴も今後なんとか

 

昼は予定通り参道の蕎麦屋で。

店の中は昭和の雰囲気ママ。量・味・お値段共に不可はなし。

三匹のおっさん、古峰ヶ原へ
※おいしゅうございました

 

そこから峠を駆け上がって古峰ヶ原湿原。

ぐるっと回って前日光牧場。

粕尾峠を下って足尾から日光。

日光市街で車を停めて、大通りをぶらぶら散策。

「いやー、ここ歩くの久しぶりだわー、一人じゃ素通りだものなー」

新しい店古い店、改築された古民家店と並ぶ中、インスタ映えするおしゃれ喫茶でティータイム。

「すいませんねぇ、こんなお店なのに入ってきたのがおっさん3人で……」

三匹のおっさん、古峰ヶ原へ
※「♪スコーンスコーンコイケヤスコーン!」(昭和)

 

1日たっぷり遊んで宇都宮へと戻ったのが17時過ぎ。

いやー面白かった。バイクもいいけど偶にはこうやって四輪でゆっくり回るのも良いモンですよ。

さぁ!んじゃもうすぐ「餃子オフ・夜の部」がは・っじ・まっ・るよ~っ!

三匹のおっさん、古峰ヶ原へ
※頂いたお土産、この後スタッフがおいしく頂きました。

 

コメント