ツアーシェルケース(TANAX)の取り付け加工

でまぁ、今VMAXで使ってるTANAXのツアーシェルケースを加工できないかなーとか考えてるんですけどね。

加工と言ってもケース本体じゃなく、取付方法。

なんとかセローでも使えないかなと。

 

スポンサーリンク

 

セローに限らず、オフ車は右側にアップマフラーがあるのでサイドバッグが付けにくい。

ベタ付けすると熱で溶けるし、ステーの類で離すと車幅が広がる。

なので俺も「オフ車にはシートバッグが一番だよな!」とは思ってます。
それにまぁ、サイドバッグは転ぶと間違いなくダメージ受けますからね。

 

特に今、積載方法に困っているということはなく。

北海道行きとかキャンプとか、大荷物が必要な場合はお手製Wホムセン箱でOK

そこまでの量が必要でなければ、シートバッグ(TANAXのフィールドシートバッグ)も持っている。

普段のちょい乗り用はいつものツールボックス改で問題なし。

なので無理して付けることはないんですが、雨(泥)でもカバーしなくていいとか、泥で汚れてもまるっと水洗いできるとかメリットもあるわけです。

何より見た目格好良いですからね。(重要)

 

さて、セロー+ツアーシェルケースの組み合わせってのは決して珍しいわけじゃなく、某CMにも使われるほどの定番仕様。

※例によって画像・動画の類は各自検索してください

だから普通に付けりゃぁいいんですが、先のとおりステーが面倒だし、専用品は結構(かなり)高価。
何よりマンマってのは悔しいじゃないですか。(天邪鬼)

「ん~、俺ならこう付けるんだけどな~」

ツアーシェルケース(TANAX)の取り付け加工

※例によってセンスのカケラもない図

左側は通常通り取り付け。ステーも多分自作可能。

右には付けずに上(シート上)に。

ケースが開く方向は青線のとおり。

これなら転倒時にダメージを受ける確率も1/2になります。

#でも経験的に転倒は左側の方が多い気がするんだよなー(ぶつぶつ)

 

さて、こんな感じに取り付けるとなると問題はベルト。

ノーマルのまま使えるか、加工(変更)が必要か。

変更となると、バックルが規格化されてないようなのでTANAXのオプション品を買って加工する。でもこれだと(多分)高くつく。

ホームセンター・通販で似たようなバックルを探してもいいけれど、結合が甘いとツーリング途中で外れる危険性あり。

それよりはケースに既存のフックを使って固定する方が簡単かな?

 

……とか、いろいろ考えてます。

実はしばらく前、TwitterでTANAXの中の人が「ツアーシェルケースをシート上に付けられるようになったら良いと思いますか?」と言っていて「賛成歓迎買います!」ってリツイートしたんですがその後音沙汰無し。

ま、欲しいならやっぱ自分で作らないといけないでしょう。

「暖かくなる前になんとか!」とか思ってますが、さてどうなりますことやら。

※そして結局面倒で、左側+シートバッグの組み合わせになる可能性が……

 

 

コメント

  1. Ak!rA より:

    ……そして(コメントまで読む人はそんなにいないと思うので)ここにこそっと追記。
    この記事をアップした日、TwitterにTANAXの中の人から「ご期待ください!」的なリプライを頂いたりとか。
    むー、って事は今後似た仕様の製品が出るのかな?こりゃぁ3月の東京モーターサイクルショー行かなきゃ行けないかぁ……