アライ ツアークロス2のリユース(?)

「リデュース」「リユース」「リペア」「リサイクル」「リフューズ」

まぁどれでもいいんですけどね。

 

スポンサーリンク

 

XDを購入し、役目を終えたTour-cross2。

外装を磨いて内装を洗って、さてお疲れさまと壁に掛けておいたわけですが。

 

しげしげ眺めると、このまま引退させるのはもったいないような。

だって見た目ピカピカなんですもの。

思いついてガレージの奥の段ボールをごそごそやると、1回も使っていない新品ママの純正バイザー(いや、購入したショップからの帰り道で一回使ったか)とホルダーが出てくる。

うーむ、これ、本来のオフメットに戻して使ってやってもいいんじゃぁ?

 

アライ ツアークロス2のリユース(?)
※これは購入時(2009年!)の姿(本館サイトより

 

オフメットでと言っても、ゴーグルと組み合わせてコースを走るわけではなく、冬のセローお出かけ用として。

メインは防寒。

セローで冬に遠乗りする機会はほぼ無いんですが、半日ちょい乗りするにもジェットヘルだと顎が冷え冷えになる。

かといって口元をカバーするとシールドが真っ白に。

ツアクロなら風当たりが少ないし、ピンロックシールドも付いてますからね。

 

問題は内装で、今はいつぞや書いたとおり結構ヨレヨレ。

でもそのヤレ具合が目立つのは頬パッド。

そしてその頬パッドは、3k円もしないで新品が買えるんですよ!

 

 

……といろいろ思うところがありました。

ちょい考えてみるとしましょうか。経年劣化を考えると本来の性能は期待できないんですが、これはまぁ自己責任ということで。

#まぁオフメット状態で飾っておいてもいいわけだし。

 

コメント