ご機嫌伺い

 日曜日、晴天。
 とはいえ、吹く風は冷たい。
 バイクで出るにはちょいと厳しい気温だが、ここ3週間ばかり乗ってないし…と、もそもそ着替えを開始する。
 バイクはV-Max。
 ガレージから引っ張り出してホコリを落とし、前後タイヤのエア圧を確認。減ってる分を補給すれば出発準備完了である。
 
 「久しぶりだし、かかるかな?」と恐る恐るセルスタート。
 きゅるきゅるきゅる…きゅるきゅるきゅる…
 む?、セルは回れど火が入らない。
 確かに気温は低い、だがこれまではもっと冷えた時でもさほど問題なく掛っていたのだ。
 長めのクランキングを何度も繰り返すうち、さしもの満充電バッテリーも音をあげはじめる。
 仕方が無い、帰ってきてから原因究明を含め、ちょいと診てやることにしよう。
 V-Maxをガレージに戻し、充電器を繋ぐ。
 バイクを隼にチェンジしエンジンスタート。さすがにこちらはすんなりOK。
 晴天の日中にも関わらず「気温3度」の表示の出たバイパスを走り、ヤボ用を済ませ、本屋・パーツ屋をハシゴする。
 パーツ屋でウインドショッピングしながら、V-Maxのエンジンが掛からない原因を考える。
 「バッテリーは満充電だし、スタータークラッチは滑ってないし、エアフィルターは掃除したばかりだし、あとはプラグくらいか?」
 帰宅後。隼をガレージに収め、メンテノートを引っ張り出す。
 ええと、前回V-Maxのプラグを交換したのは……2001年11月ってなんだよ……orz
 どうやら3年ちょい、11,000マイル(≒17,600km)程無交換だったらしい。
 始動不良の原因がプラグかどうかは別にして、苦労させたねぇ、NGKのVX。
 いつの間にか再充電が完了していたV-Max。
 何気にセルを回すと、どこもいじっていないのに、エンジンは苦も無く始動した。
 ううむこの現象、なにかV魔から「気づいてくれた?」と言われたようでちょっと怖かったりもして(笑)

コメント

  1. きんや より:

    こんばんは、きんやです。
    今日、の事なのかな?<MAX
    いやね、今日の昼間に今年初めてMAXを動かしまして・・・。
    で、は充電したばかりのバッテリーを繋いだんですどなかなかエンジン
    が掛からない・・・、加えて今までそんな気配すら見せなかったネジを
    思いっきりナメちゃったりと終わってみれば例年通りスンナリとは乗り
    出せなかったんですね。両方とも何とかなりましたけど、
    >「気づいてくれた?」
    が妙に引っかかりましてね。やはり何かのメッセージだったのかな?
    それとも去年の秋から放置してあったのが、、、(^^;

  2. きんやさん:
     ええ、まぁ今日と言うか昨日と言うか(笑)
     「バイクは所詮機械、変な感情移入や擬人化は禁物」なんてクールに言うと格好良いかもしれないんですが、いや、時々考えさせられる事があってですねぇ…
    >それとも去年の秋から放置してあったのが、、、(^^;
     いや、きんやさんトコのは多分「嫉妬」だと思う…【謎】