ツーリングマップル・アプリ Route! 使用記、の1

最近BLOGがサイト更新のお知らせばかりじゃねぇか!とお嘆きの貴女に。(誰?)

でまぁ、このお盆休みには北海道ツーリングに出たわけでして。
※とにもかくにも天気が!という辺りは本編↓でどーぞ

2022北海道ツーリング・もしズレてたら!記、の1|ツーリング紀行

 

そしてこのツーリング中、タイトルの ツーリングマップル・アプリ版 Route! を使ってみたというわけです。

ツーリングマップル・アプリ版 ROUTE!

 

ツーリングに出るライダーならほぼ持っているといっていい「ツーリングマップル」(昭文社)
これのアプリ版、ということはつまるところ「ツーリングマップルをスマホで見ることができる」ってことですね。

アプリ(というか中の地図)は有料、でも(物理的な本の)ツーリングマップルを買うと12か月間の使用権がついてくる。

今年の北海道ツーリングの為に2022年度版ツーマプRを買った俺も「(実質無料だし)せっかくだから使ってみるか!」と事前に準備していきました。

 

でまぁ、普通のBLOGだとここで「それではこれからアプリのインストールと使い方について詳しく説明します!」とかになるんですが、うちはパス(をい)
その辺りは公式サイト↓をご参照ください。

ツーリングマップルアプリ Route! 使い方ガイド-その1-アプリダウンロードからプレミアム機能登録まで
ツーリングマップルから生まれたアプリ「Route! 」。ここではRoute!で何が出来るのか、どう使うのかなどの概要をご紹介します。すでにダウンロードされた方も、まだの方も、参考にしていただければと思います。 ★記事はその1~その3まであります。 [その1]目次 ❶まずはアプリをダウンロードしましょう! ❷...
ツーリングマップルアプリ Route! 使い方ガイド-その2-プレミアム機能って何が出来るの?
「ツーリングマップルアプリRoute! 使い方ガイド-その1-」では、アプリのダウンロードからプレミアム機能の登録までの、準備段階を解説しました。今回の「その2」では、Route! アプリのメイン機能でもある「地図」と、その地図を使って楽しめる機能について解説します。 「Route!って何が出来るの?月額600円か~...

#これサイトというかBLOGだよな(をい)

 

さて、上のサイトにもあるとおり、スマホで地図を見ることの大きなメリットは、ページめくりをしなくていい事と現在地が判ること。
そして俺はメリットの9割は後者の機能だと思っています。

出先で物理地図を見ていて悩むのは、なんといっても「自分が今どこにいるのか」
これさえ判ればあとはなんとでもなるわけでして。

だからGPSと連動して「今ココ!」と明確に指し示してくれるアプリは便利この上ないわけですよ!

 

……という訳でここからが本題。

「お願いだぁ~、現在地マークをもっと目立たせてくれぇ~」

いや、実はこれが俺が一番言いたかったことなんですわ。

 

ツーリングマップル・アプリの地図上には、もちろん現在地を示すマークが出る。
青い小さな丸で出る。
ところがこれが見えにくい。
いや、見えない!

地味な背景に地味な文字情報のデジタルマップ上でならきっと見える・目立つんでしょう。
でもツーリングマップルはまっ白背景に色文字多数でカラフル極まりなし。

だから青色が埋もれちゃうんだ。見えなくなっちゃうんだ。

機能を知ってる人なら「現在地のアイコン押せば現在地が地図中央になるからマーク見えなくても判るだろ」って言うかもしれません。

んでもね、デジタル地図ってのはスクロールしてナンボ。この先進む方向を広く表示させてこそ味が出る。

そしてそんなことをやった後に「あれ?今俺どこにいるんだ?」ってなるわけです。

実際に使ってみると判るんですが、「パッと見て判る」のと「ボタンを押せば確認できる」じゃ結構な違いがあるんですよ。

 

せめて丸印がもうちょい、いや、4倍くらい大きくて半透明でもあればねぇ。どうせGPSとの連動が甘くて場所ズレするんだし。(後述)

もしくは点滅させるとかグラデーションとか。

「そんなの見える人には煩わしいわ!」なら設定で変えられるようにしてくれるとか。

そんな風になれば本当にありがたいんですけどね。

※以上、アプリver 1.0.15時点

 

あー、言いたかったこと言えてすっきりした!(をい)

んじゃ「の2」から使った感想やらなにやらを書いていくとしましょう。

※尚「俺にははっきりと見えるけど?」って人には「それは良かったですね」(素)とお答えします。

<続く>

ツーリングマップル・アプリ Route! 使用記、の2
の続き。 さて、そんなわけで、ツーリングマップル・アプリ Route! を実際に使ったらどうだったのかですが。 準備としては先ページ...

 

コメント