ツインリンク茂木 MotoGP 日本グランプリ限定ビール

先の日曜は鈴鹿8時間耐久レース。なのでTV前に陣取って、ビールがぶ飲みしながら8時間どっぷり観戦してました。

結果的にはいろいろあっていろいろ言われてますが、俺的には充分に満足していたり。
だって観てて面白いレースには間違いなかったですから。

で、観終わって、「よし!次は茂木のmotoGPだな!」
そして思い出したわけですよ。

 

スポンサーリンク

 

去年(2018年)のMotoGP。
ツインリンク茂木でのレースは毎年恒例(?)の予選日のみの観戦。そこで初めて限定ビールを買いました。

これまでのレポートで散々「バイクで行くのでアルコールが飲めない!」「茂木に泊まる機会はあるのか?!」と書いてきましたが、よくよく考えれば現地で飲まず土産に買って帰ればいいわけです。

※いや、もちろん気づいてましたが、早く買っちゃうと持ち歩くの大変だし、帰り際の時間にはお店閉まっちゃってるし……

 

買ったのは表記の「日本グランプリ限定ビール」3本セット

セローで慎重に持ち帰って、自宅に着いたら即冷蔵庫へ。後日落ち着いて頂きました。

 

ツインリンク茂木 MotoGP 日本グランプリ限定ビール

BLACK MARK(赤ラベル)
アルコール分5%
名前の割には軽い……けど香ばしさは激強
FASTEST BEER(オレンジラベル)
アルコール分7%
香ばしい味。香り強い。苦味強め
DOG FIGHT(青ラベル)
アルコール分6.5%
これも香りが強いけど爽やか。一番好き。IPA

 

作ってるのは全て宇都宮のろまんちっく村ですね。

ツインリンク茂木 MotoGP 日本グランプリ限定ビール
食べる|道の駅うつのみや ろまんちっく村-46haの滞在体験型ファームパーク
栃木県にある「道の駅うつのみや ろまんちっく村」は、人と地域と豊かな里山にふれあう道の駅。46haという広大な面積の中に、農産物直売所や地物の食材が楽しめる飲食店、体験農場や森遊び、ドッグラン、温泉やプールに宿泊施設がある滞在体験型ファームパークです。

そして普段飲んでるビール(もしくは第3のビール)と比べちゃダメです。まったく別の飲み物です。

ビールというとキンキンに冷やしてのイメージがありますが、これは常温でも美味しいかも。

そして単品でじゃなく、食事と一緒にじっくり味わうのが良いかと思います。
この辺りはビールというよりワインに近いかもしれません。

 

そういえば北海道で飲むサッポロクラシックは「どうしてこんなに!」と思う程旨いんですが、その半分は飲む場所というか土地とか雰囲気というかそんなものの影響の気が。

とすればこのサイソクビールも、サーキットで飲むと更に美味いんでしょうねぇ……

 

というわけで、今年もGPを観に行ければ(そして良いタイミングでお店に行ければ)買ってきたいと思ってます。

結構いいお値段がするんですけど、まぁ「限定ビール」ですから。

※言うまでもなく飲酒運転はダメ、絶対ダメ。

コメント