VMAX1700 ブレーキフルOH作業

というわけで、日曜日はメンテで明け暮れまして。

VMAX1700のブレーキフルオーバーホール。

本館サイトに上げたのは、とりあえず前半の「キャリパー編」ということで。

 

スポンサーリンク

 

それなりに下準備して臨んだので手順等に迷いは無し……だったんですが、いや、実際にやるとやっぱいろいろ出てくるものですねぇ。

「話には聞いていたけどこれほどとは!」とか。
※↑これは次回ネタ


※Twitterに上げた途中経過の図

 

そしてまぁ寒い寒い。

前日の土曜日よりは気温が上がったので油断してましたが、北関東の2月を侮っちゃいけないわけでして(今更)

がっちり着込んだので体は大丈夫として、指先が寒い・冷たい。

汚れる時&寒い時には使い捨てのビニールグローブを使うんですが、さすがにシールを組む時には素手じゃないと無理ですからね。

どのくらい寒かったかというと、「うわっ!なんでブレーキレバーが血だらけなんだよ!」ってくらい。

何かで小指をざっくり切ってたのに、冷たくて気づかなかったとか。

深紅に染まったレバーを見つけた時には、ホント、ポルターガイスト現象かと思いましたよ。(なんじゃそりゃ)

 

ガレージの暖房については、昔書いたとおり「直火は怖い」なわけで。

ガレージライフ 「暖房と冷房」
 ガレージのメリットはといえば、もちろん天気や時刻に関係なくバイクを弄れることでしょう。 外が大雨でも大雪でも、また真夜中でも、バイクを眺めてにやにやできると...

ストーブの類は今後も導入予定無し。せめてハロゲンヒーター出しておけば良かったなあ……

 

ともあれ、なんとかちゃんと終わって良かったです。今週末には後編レポートをアップしますのでお楽しみに。

#本当に終わったよな?←乗れてないので未検証。

 

 

コメント