ガレージライフ 「暖房と冷房」

 ガレージのメリットはといえば、もちろん天気や時刻に関係なくバイクを弄れることでしょう。
 外が大雨でも大雪でも、また真夜中でも、バイクを眺めてにやにやできるというのは実に良いものです。
 でも、ガレージって、実は冬は寒いし夏は熱いものなんです。
     ★
 屋外はもちろん、ガレージを屋内に作った場合でも冷暖房エアコンフル完備できる場合は少ないでしょう。
※あるとすればそれは既に「小市民的」ではないのでここでは対象外とします(笑)
 実際にはガタガタ震えながら、あるいはだらだらと汗を流しながら対策を考える事になります。
     ★
 冬の暖房といえばまず思いつくのは石油ストーブでしょう。
 設置場所を選びませんし、お湯も沸かせます。
 ピストンも熱せるのでピストンピンの圧入も楽々…ってまぁこれは例外的な使い方ですが。
 でも私的にはガレージ内で「直火を使う」というのにどうにも抵抗があります。
 紙やらオイルやら可燃性ガスやらと危険なものがごろごろしているわけですから。
 不完全燃焼によるに中毒も怖いですね。
 となると次は電気ストーブ。でもこれ、消費電力が半端じゃないんです。
 貧弱になりがちなガレージの電装だとブレーカーが心配ですね。
 で、お奨めなのがハロゲンヒーター。
 そこそこ暖かく消費電力も価格もそこそこ。
 小回りも効きますし、ピンポイントで暖められるので応用も利きます。
 暖房手段としては他にもいろいろあるでしょう。
 基本的に「直火ではなく安全なもの」を基準に選ぶと良いと思います。
     ★
 夏はとにかく扇風機、もうこれしかありません。
 「扇風機なんか使わなくてもガレージの扉を開け放して…」でもいいのですが、夜だとご近所に気が引けますし、虫も入ってきてしまいます。
※まぁいずれにせよ虫除けは必要ですが。
 扇風機は体を冷やすだけでなく、バイクに向けることもできます。
 エンジンを掛けたままでの整備(同調とか)では車体に風を送れて便利ですよ。
 私は今のところ普通のスタンド型を使っているのですが、これは大きくてちょい邪魔です。
 機会があったら壁掛けタイプのものを設置したいですね。それに小型のスタンド型がもう一つあれば完璧だと思います。
     ★
 
※ガレージライフ、ネタ募集中(笑)
◆↓「バイクカスタム・整備」と「ツーリング」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ

コメント

  1. 生姜 より:

    はじめまして。
    生姜と申します。Ak!raさんが隼を買われたころから、HPの方を拝見させて頂いています。
    現在の住まいは奈良県なのですが、実家が千葉なのですが実家に帰ったら、自分好みのガレージライフを楽しみたいと思っています。
    ガレージで気になることが何点かあるので、よかったらネタに使ってください(笑)
    ・エアツール(コンプレッサ容量、配管など)
    ・ラジアルのタイヤ交換
    ・旋盤関係
    ・エンジンの吊り上げ用のウィンチ
    よろしくお願いします。

  2. Ak!rA より:

    生姜さん:
     いらっしゃいませ、こんな(略)
     う~む、やはりネタ的には装備品ですか。
     しかも重整備ですねぇ…って、うちのガレージにあるのはエアツール(それも玩具クラス)だけなんですけど(笑)
     ともあれ、参考にさせていただきます。
     旋盤とまではいきませんがボール盤くらいは欲しいんですよね…